デューデリジェンス・コンパクト(DDC)について

 こんにちは。大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。

 

 

 本日は先日の記事に記載しているデューデリジェンス・コンパクト(DDC)プランについてお話ししてきます。

 

 DDCとはデューデリジェンス(DD)をコンパクトにした、瀧井総合法律事務所その他提携先が提供するサービスとなります。

 

 

 なぜ、DDをコンパクトにしたのかと言いますと、

 前回の記事からもお分かりのようにDDの範囲は多岐に渡り、複数の専門家が関与しますので費用が高騰しがちなのです。

 費用面、時間ともに余裕のある企業でしたら大きな負担にならない事もあるかと思いますが、売買金額が数百万円から数千万円の案件の場合、DDの費用が重く、DDを行わず、M&Aを成立させることが多いのが現状です。

 しかし、それでは事前のリスク判断ができておらず、買い手側は予想外の損失を被ることになりかねません。

 そのような状況を避けるため、通常のDDをよりコンパクトにし、小規模のM&Aでも安心して事業承継を行なっていただけるよう、設計いたしました。

 

 

 では、DDCではどのようなことを行うのでしょうか。

 

 M&A、事業承継において、買い手側にとって最も関心が高いであろう、財務・税務、労務、法務、の3つの角度から監査いたします。

 買い手側、売り手側双方の事情を個別に勘案し、範囲を限定した上で、必要最小限度のオーダーメイドのDDを行い、問題を解消いたします。

 

 

DDCの3つの特徴

1、コンパクト化

2、点数化

3、アフターフォロー

 

 

1、コンパクト化

 多岐にわたるDDの中で貴社に必要であろう項目を抽出し、必要最小限度のチェックを行う事で、コストを抑えます。

 これは各種専門家と強い連携を有する弁護士が関与しているからこそ可能な事でしょう。

 法務DDのみならず、財務DD、税務DD、労務DDなどいずれのDDにおいても、各種専門家との連携のもと、事前の予算の規模感をお伺いし、その予算に応じてDDの対象を必須の項目のみに絞ることで、コストを抑えます。

 コンパクトにしていますが、売り手側、買い手側双方からヒアリングを行い、安心してM&Aを行えるよう、丁寧に進めていきます。

 

 

 

2、点数化

 いくら詳細なDDを行なっても、買い手側の当事者がDDの内容を理解していないと意味がありません。

 そこで対象DDの結果を各分野1000点満点で評価をし、迅速な判断の材料にしていただけます。

 

 

3、アフターフォロー(※別途見積)

 M&Aが成立した後に経営統合作業に進みます。

 これはPMI(Post Merger Integration(ポスト・マージャー・インテグレーション)の略)と呼ばれており、M&A成立後の統合プロセスの事です。

 PMIの目的とは、M&Aで期待されたシナジー効果(相乗効果:ある要素が他の要素と合わさる事によって単体で得られる以上の結果を上げること。M&Aにおいては買い手企業、売り手企業双方が単独で事業を行うより、統合することにより、1+1が2ではなく、それ以上を成果を上げる事と考えていただくと分かりやすいと思います。)をできるだけ早く、最大限発揮させることです。

 M&Aはついクロージングばかりに目が行きがちですが、シナジー効果を最大限発揮するためには統合後のPMIを成功させなければなりません。

 

 PMIを検討するにあたっては、M&Aの過程で実施するデューデリジェンス(DD)において発見された問題点などを考慮する必要があります。

 ランディング・プランにのっとり、発見された問題点の中で優先的に進めるべき事項から進めていきます。

※ランディング・プランとは、M&A成立後、3か月から6か月の間に優先的に実行すべき課題についてスケジューリングされた計画の事です。

 

 

 M&Aにおいて何を統合するかは案件ごとで異なるので一概には言えませんが、M&A当事者である両社の戦略、企業文化の融合、人事・労務の見直し、経営管理の見直し、取引先の共有、コスト削減などがあげられます。

 

 この統合プロセスはM&Aを成功させる為には大変重要で、M&Aが成功するかどうかは、このPMIにかかっていると言っても過言ではありません。

 

 

 私ども大阪事業承継パートナーズでは、問題解決のプロ、瀧井が運営します法律事務所とタッグを組み、PMIにも力を入れてM&Aに取り組ませていただきます。

 マッチングにて最高の買い手企業と出会えたにも関わらず、PMIで失敗すればM&Aの意味がなくなってしまいます。

 ですのでM&Aを検討している段階でPMIについても視野に入れて、スムーズに経営を統合させましょう。

 

 それが、M&Aの真の成功であり、会社の明るい未来に繋がるのではないでしょうか。

 

 

 問題解決のプロにご興味が湧いた方や、会社の心配事がある経営者の皆様は是非、大阪事業承継パートナーズへご連絡下さい。

 

 お待ちしております。

 

お問い合わせはこちらから

https://jigyou-syoukei.com/contact


カテゴリ一覧
遺言・相続
事業承継
破産・廃業
税金
M&A
お知らせ
組織
スキルアップ
新着記事
資金調達 ーエクイティファイナンスー
2022.12.05
「リニューアルが必要なホームページのポイントとは」後編
2022.11.01
「リニューアルが必要なホームページのポイントとは」前編
2022.10.24
連帯保証人と保証人の違いとは
2022.10.04
「経営者保証に関するガイドライン」の特則とは
2022.09.27
「経営者保証に関するガイドライン」について
2022.09.24
失敗しない事業承継・労務リスク対策
2022.09.11
事業承継の手法の種類
2022.08.31
事業承継のフローチャート
2022.08.19
DX・初めの一歩をホームページ活用から
2022.08.06
関連する記事
資金調達 ーエクイティファイナンスー
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。    早いもので、も…
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタ…

連帯保証人と保証人の違いとは
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。  本日は、「連帯保証人と保証人の違い…
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタ…

「経営者保証に関するガイドライン」の特則とは
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。    本日は先日の記…
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタ…

「経営者保証に関するガイドライン」について
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。    本日は、中小企…
 こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタ…