事業承継において承継するもの

 こんにちは。大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。

 

 

 さて今日は事業承継って一体何を承継するの?という疑問に答えていこうと思います。

 

 事業承継で後継者に承継するものは大きく分けて3つあります。

 

      経営権

 

資産

      事業用資産(設備・不動産等)

      資金(運転資金・借入等)

 

知的資産

      経営理念

      ノウハウ

      技術や技能

     取引先との人脈

      知的財産権(特許等)

 

 

 

①経営権とは会社の株と考えてもらうと分かりやすいかもしれません。

後継者に会社の株式を買い取ってもらうなどの方法で、経営権を後継者に移します。

中小企業の場合、親族内で自社株を持ち合う、もしくは経営者が単独で持っていることが多いですね。

※経営権・・・法律で定められてはいませんが、一般的には株主総会の普通決議を独力で議決できる権利を指します。議決権の割合で判断し,株式の1/2超を保持している際に経営権を保持しているといわれます。

 

②中小企業の場合、事業に必要な資産が会社名義ではなく、経営者個人名義のものもあるかと思います。この場合、経営者個人名義の資産も後継者に譲渡する事が必要です。

 

③は目に見えるものばかりではありませんが、会社の未来には大変重要になってくる項目です。

これがあってこその会社経営ですから。

 

※①②の譲渡には法務上気をつけなければならない事や、税金の対策など後継者に負担がかからない制度がありますので別記事にてお伝えいたします。

 

 このように引き継がなければならないものは多くあります。

 法務上必要なことから、人として必要な事まで様々です。

 

 時間がかかってしまうことはお分かりでしょうし、また専門的な知識は必須です。

 

 私どもの組織は代表が弁護士をしておりますので、法律等の専門的分野についての知識・経験はもちろん強みです。

また、関係する皆さんの気持ちを加味した問題点の発見・整理・方針の立案も得意としております。

 

 少しでも気になる事がありましたら、大阪事業承継パートナーズへご連絡下さい。

事業承継に直接関係のない事柄でも結構ですし、会社の組織化やチーム作り、リーダー育成などもお手伝いさせて頂いております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせはこちらから↓

https://jigyou-syoukei.com/contact

関連する記事

  • 財務諸表ってなに?バランスシートの中身とは?

     こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。 &n...

  • 個人事業主の複数屋号について

     こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ 岡本です。      昨...

  • 会社としての「チーム」の組み方・大切なこと

     こんにちは。  大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。 &n...