「承継」と「継承」の違いとは?

 こんにちは。大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。

 すっかり春ですね!といいたいところですが、昨日今日と寒かったですね。

 今週は寒の戻りがあるそうです。皆様、体調にはお気をつけくださいね。

 

 

 さて、今日は「承継」と「継承」の違いについて少しお話させてください。

 

 この2つ似ていますが、実は大きく意味が変わってきます。

 

      ・承継:先代の人物からの地位・事業・精神を受け継ぐこと

      ・継承:先代の人物から身分・権利・財産などを受け継ぐこと

 

 承継」は「継承」の身分・権利・財産に加えて会社の文化や先代の精神など、目に見えないものまで引き継ぐことを意味します。

 つまり、「承継」と「継承」では、受け継ぐものの内容、歴史、フィロソフィーが異なります。

 

 ですので、先代の経営者から後継者に会社・事業を引き継ぐ場合、ほとんどのケースでは「事業承継」という言葉が使用されますし、その言葉がしっくりきますよね。

 

 目に見えないものも大切に次へ継いでいき(思いの承継)、繁栄させていく(発展)。

これこそが私たちがモットーにしている精神です。

 

 また、「中小企業経営承継円滑化法」、「事業承継税制」といった法律に則った制度もございます。

こちらはどちらかというとハード面ですね。

 

 大阪事業承継パートナーズは代表が弁護士ということもあり、その法的知見やネットワークを生かしたハード面に強みがあるのはもちろんです。

 

 そしてそれだけでなく、気持ち等も加味した「全体最適化」をご提案できる強みがあります。

 その強みを生かすために、私どもは様々な面からアプローチできるプロのチームを編成し貴社と共に事業承継を成功に導きます。

 

 ちょっとした疑問や相談だけでも結構です。ぜひ大阪事業承継パートナーズへご連絡下さい。

 

お問い合わせはこちらから↓

http://jigyou-syoukei.com/contact

関連する記事

  • 中小M&Aガイドライン(第2版)の遵守宣言について

     こんにちは。  大阪事業承継パートナーズは、中小企業庁が創設した「M&...

  • M&A支援機関登録のお知らせ

     大阪事業承継パートナーズが、中小企業庁が創設した「M&A支援機関に係る...

  • 大阪事業承継パートナーズとは

     こんにちは。大阪事業承継パートナーズ コンサルタントの岡本です。  本日...